logo1.jpg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

みんな応えたい 

P1000852.jpg



ひとは役割を生きる。
期待されることは、場所ができるということだ。
いい期待も、悪い期待も。

真に勝手な行動はない。つねに何かしらの引力がはたらいている。
夢を追うひとは自分に求められている。
また、勝手なニートは存在しない。

田口ランディさんは、「支援は恐ろしい」と言っている。
だれかを支援するということは、支援される立場を求めるということであり
その場合、だれの正義が守られるか。

『いのちの作法』というドキュメンタリーで
ご老人の介護をしている方が言っていたことには、
「尊厳を求めると、必ず応えてくれるんです」。 

誰かが言った。「相手は自分と同じ顔をしている」。
それくらい繊細に確かめ合って、態度を決め込む。無意識のなか。
みんな生まれつき、応えたがっている。

期待をされるということは、場所への引力。
尊厳を求められると、人間らしく輝いちゃうのはそのせい。


みんなつながってたい。応えるように生きるために。

「Youtubeよりニコニコ動画のほうがいい。
みんなで見ている感じがするから」。

フリースクールに通う小学3年生の男の子がそう言った。
ひとりになりたい、と教室を出て行った。

つながってたい。




[ 2009/10/22 18:00 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。