logo1.jpg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

だいじなのは理由なのかな 

0p6.jpg



四谷の湿度に圧迫されそうになる。つめなんかをみてた。



いろんな形容詞についてかんがえていた。
「良い」形容詞は、確固たる真実に、真空状に密着するのか。
いやちがう。

真ん中にあるのは確固たる空洞だ。
虹色の空洞。形容詞はそのまわりを、くるくるまわる。
たまに真ん中に突入できたり、みずふうせんをぶつけるみたいに、
ピシャリとはじけてぶつかることもあるけど、それは一瞬だと思う。
「正しい」形容詞が張り付いたままの「ほんとう」がない。


なんでいつだって理由がなきゃいけないんだろう。
いつだってそんな物語覆されうる。過去はオセロなんだ。
「自分の理由」がぜんぶことばで説明できるなら
ぼくたちはことばの上でしか生きていないことになる。



心が焦って、自分自身に理由をもとめてきたら。
「どうしてぼくは進むの?」


「そんな野暮なこと聞くなよ」と言っておけばいい。





[ 2010/06/28 12:13 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。