logo1.jpg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミトコンドリーマー 

 
 IMG_9338.png


できるだけ遠くに行く。


***

インターネットは社会の脳みそにならない。

エスカレーターはからだの外に出た筋肉、
Eメールは理解できる範囲で実現されたテレパシー。
からだに羽は生えていないけれど、飛行機が登場してから
人間は飛べる種類の動物になった。
実力がすこしずつからだの外にでていっても、
それも遠回しに人間の細胞が成し遂げたこと。

"Google Effects on Memory"が検証した。
人はアクセスしやすい情報を記憶しなくなって
かわりにアクセス方法を覚えるようになる。
インターネットは脳みその外に出た記憶装置。
外付けハードディスクだ。


インターネットは記憶する。
なんでものみこんで、ランダムにするどく切り取って、
そして
忘れない。
忘れない脳はできそこないだ。
もちろん「人として」「歴史として」忘れちゃいけないことはたくさんある。
だけど、はじめから切り取り方にポリシーがないから
息のない情報が、残りかすみたいにどんどんたまって
そこは深呼吸のできない不健康な場所になっていく。

メディアは生命体でなきゃいけない。
テレビも雑誌もインターネットサイトも、流れが止まったら無意味だ。
ホームページやブログでも、そこに人がいるかいないか、
情報が脈拍を打ち続けているかどうかは一目でわかる。
(これは、私が「公式サイト」のような場所ででやりたい内容を
アメブロで更新し続けている理由でもある。
そこに人がいることと、機動力が高いことに、
受け取り側も慣れていると思うから。)


広すぎる優秀な倉庫を覚悟なしに使い始めてしまった。
そこに体温があるかどうかひとつずつチェックするのは、
めんどくさいけれど手作業。



IMG_93343.png IMG_9336.png IMG_9334.png

[ 2011/08/23 11:37 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。